スマートフォン用の表示で見る

フェブラリーステークス

スポーツ

フェブラリーステークス

ふぇぶらりーすてーくす

日本中央競馬会JRA)が東京競馬場ダート1600mで2月中旬-下旬に施行する中央競馬重賞GI)競走。

出走条件はサラブレッド系4歳以上(国際)(指定)、負担重量は定量(57kg、牝馬2kg減)。1着賞金は9400万円(2015年)。


1984年に前身となるGIIIハンデ戦「フェブラリーハンデキャップ」が創設。1994年にGIIの別定戦に格上げ後、ダート競走路線の整備や中央・地方交流競走の発展に伴い1997年GIへと格上げされた。2007年より国際GIに格付け。

チャンピオンズカップ(旧・ジャパンカップダート)、東京大賞典とともに、国内では数少ないダートの国際GI競走のひとつ。

前哨戦となる東海ステークスGII)、根岸ステークスGIII)の1着馬には、本競走への優先出走権が与えられる。他に東京大賞典GI)、川崎記念JpnI)が有力なステップレースとなっている。

本競走はドバイワールドカップへ向かう有力馬への重要な競走でもある。国内では、同距離で施行されるかしわ記念JpnI)に向かう馬も多い。

歴代優勝馬一覧

回数施行日施行距離優勝馬性齢騎手
第10回 フェブラリーH
第11回1994年2月19日東京 ダ1600チアズアトム牡5本田優
第12回1995年2月18日東京 ダ1600ライブリマウント牡4石橋守
第13回1996年2月17日東京 ダ1600ホクトベガ牝6横山典弘
以降GIに格上げ
第14回1997年2月16日東京 ダ1600シンコウウインディ牡4岡部幸雄
第15回1998年2月1日東京 ダ1600グルメフロンティア牡6岡部幸雄
第16回1999年1月31日東京 ダ1600メイセイオペラ牡5菅原勲
第17回2000年2月20日東京 ダ1600ウイングアロー牡5オリビエ・ペリエ
第18回2001年2月18日東京 ダ1600ノボトゥルー牡5オリビエ・ペリエ
第19回2002年2月17日東京 ダ1600アグネスデジタル牡5四位洋文
第20回2003年2月23日中山 ダ1800ゴールドアリュール牡4武豊
第21回2004年2月22日東京 ダ1600アドマイヤドン牡5安藤勝己
第22回2005年2月20日東京 ダ1600メイショウボーラー牡4福永祐一
第23回2006年2月19日東京 ダ1600カネヒキリ牡4武豊
第24回2007年2月18日東京 ダ1600サンライズバッカス牡5安藤勝己
第25回2008年2月24日東京 ダ1600ヴァーミリアン牡6武豊
第26回2009年2月22日東京 ダ1600サクセスブロッケン牡4内田博幸
第27回2010年2月21日東京 ダ1600エスポワールシチー牡5佐藤哲三
第28回2011年2月20日東京 ダ1600トランセンド牡5藤田伸二
第29回2012年2月19日東京 ダ1600テスタマッタ牡6岩田康誠
第30回2013年2月17日東京 ダ1600グレープブランデー牡5浜中俊
第31回2014年2月23日東京 ダ1600コパノリッキー牡4田辺裕信
第32回2015年2月22日東京 ダ1600コパノリッキー牡5武豊
第33回2016年2月21日東京 ダ1600モーニン牡4ミルコ・デムーロ