フェリペ・メロ

Felipe Melo de Carvalho

ブラジルのサッカー選手。ポジションはミッドフィルダーボランチ)。

1983年6月26日生まれ。身長183cm、体重73kg

経歴・プレースタイルなど

強靭なフィジカルと確かなテクニックを備え、ピンチの芽を摘み取るだけでなく、的確なパスでチャンスを演出する万能型のボランチ不用意なファウルが多いのが難点。

欧州進出後に頭角を現し、ドゥンガ監督に活躍を認められて2009年2月にブラジル代表デビューを果たした。2010年FIFAワールドカップでは4試合に出場。準々決勝のオランダ戦では、スルーパスロビーニョのゴールをアシストしたものの、自らのミスで同点ゴールを献上。さらにオランダに逆転された後、競り合いの中で倒したアリエン・ロッベンスパイクで踏みつけ、日本の西村雄一主審からレッドカードを受け一発退場。結局ブラジルオランダに1-2で敗れ、メロはセレソン敗退の戦犯として糾弾された。


* リスト::サッカー選手