スマートフォン用の表示で見る

フェルナンド1世

読書

フェルナンド1世

ふぇるなんどいっせい

フェルナンド1世 (カスティーリャ王)

フェルナンド1世(Fernando I, 1017年 - 1065年)は、カスティーリャ伯(在位:1035年 - 1037年)、のちカスティーリャ王(在位:1037年 - 1065年)およびレオン王(在位:1037年 - 1065年)。1056年に「全ヒスパニア皇帝」として戴冠した。「大王」(El Magno)と呼ばれる。

ナバラ王サンチョ3世の次男として生まれる。1035年にサンチョ3世が死去すると、遺領は4人の王子に分割相続され、フェルナンドカスティーリャ伯領を獲得した。1037年に妻サンチャの兄ベルムード3世を破ってレオンを獲得し、カスティーリャレオンの王を称した。

死後、遺言によって遺領は分割され、カスティーリャを長男サンチョ2世が、レオンを次男アルフォンソ6世が、ガリシアを三男ガルシア2世が、トロとサモラを娘エルビラとウラカがそれぞれ相続した。