フエンテス からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

読書

フェンテス

ふぇんてす

カルロス・フェンテス、Carlos Fuentes Macías

1928年11月11日にパナマパナマ市で生まれる。

メキシコの作家で、ラテンアメリカ文学の代表作家の一人。

外交官として活躍する傍ら、作家、批評家としても活動する。

2012年5月15日にメキシコメキシコシティーにて死去。*1 *2

83歳没。

代表作

アウラ』(1962年

『聖域」(1967年)

『脱皮』(1967年)

『老いぼれグリンゴ』(1985年

『我らが大地』(1975年)未訳

『アルテミオ・クルスの死』(1962年