スマートフォン用の表示で見る

フォースの状態

スポーツ

フォースの状態

ふぉーすのじょうたい

フォースの状態とは、野球用語、ソフトボール用語の一つ。

打者が投球を打つ等により打者走者となった場合、各走者が後ろの走者のために元いた塁を明け渡して、必ず進塁しなければならない状態を指す。

一塁走者は、打者が走者となった場合には、いつでもフォースの状態となる。

二塁走者は、同様の場合、一塁走者がいたケースにおいて、フォースの状態となる。

三塁走者は、同様の場合、一塁走者、二塁走者ともにいたケースにおいて、フォースの状態となる。

フォースの状態にある時、守備側は走者に触球するほか、その走者が進まなければならない次の塁において触塁すれば、その走者はアウトとなる。このプレイをフォースプレイ?といい、フォースプレイによってアウトを取ることをフォースアウトという。

ルール上の定義では、投球当時に塁を占有していた走者のみであり、厳密には投球当時に打席にいた打者走者を「フォースの状態」であるとはいわない。しかしながら、打者走者は一塁に進塁する以外にはなく、守備側による打者走者本人への触球以外に、進塁すべき一塁への触球によってもアウトとなる点では同様であるため、解釈としては同一となる。

なお、打者走者が一塁に到達する前にアウトとなった場合、各走者の進塁義務はなくなるため、フォースの状態は解除され、塁間にいる走者は進塁しても帰塁してもよくなる。したがって、フォースプレイは適用されず、守備側は触塁するだけでは走者をアウトとすることはできない。