タスマニアタイガー からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

動植物

フクロオオカミ

ふくろおおかみ

学名Thylacinus cynocephalus

フクロオオカミ袋狼)は、オーストラリアタスマニア島ニューギニア島に生息していた、大型犬ほどの大きさの肉食有袋哺乳類

背中の特徴的なしま模様からタスマニアタイガーとも呼ばれる。

1936年タスマニア島の1頭を最後に絶滅種に指定された。

生息地の減少や移入された犬も原因として否定できないが、追い詰めたのは人間の狩りだと多くの生物学者は考えている。

関連語 リスト::動物