フサイン・マクマホン協定

社会

フサイン・マクマホン協定

ふさいんまくまほんきょうてい

(Husayn-MacMahon Agreement)

1915年にイギリスが、オスマン帝国の支配下にあったアラブ地域の独立と、アラブ人パレスチナでの居住を認めた協定。