フッガー家

一般

フッガー家

ふっがーけ

ドイツアウグスブルクを本拠とした商家金融業者。

銀・銅鉱山の経営と金融でもって中世末期〜近世初期に栄え、特にヤーコプ・フッガー(1459年〜1525年)の代には莫大な資金力でもって、スペイン王カルロス1世を神聖ローマ皇帝カール5世に押し上げる(1519年)助力をなし、ローマ法王の財政にも関わる*1など、全盛を迎える。

その後、過剰な貸し付けが仇となり、また、欧州を覆った価格革命の影響を受けたり、スペインハプスブルク家債務不履行を食らったりして大損害を受ける。

このため主な活動を領地支配に転換して、現在でも存続している。

*1フッガー家への借金返済の手段の一つとして免罪符の販売が行われたので、宗教改革の原因を作ったとも言える。