スマートフォン用の表示で見る

フランク・トーマス

スポーツ

フランク・トーマス

ふらんくとーます

Frank Edward Thomas

MLB選手。通称「Big Hurt」。

右投右打、ポジションは一塁手背番号は35番。


1968年5月27日生まれ。米国ジョージア州出身。

オーバーン大学で通算49本塁打、73四球を記録。

1989年、ドラフト1位でシカゴ・ホワイトソックスに入団。

1990年MLB昇格。

1993年、1994年と2年連続でア・リーグMVPを受賞。

1997年打率.347で首位打者のタイトルを獲得。

強打・巧打共に備えた生え抜きスラッガーとして人気を博し、1990年代のホワイトソックスを支えた。

2000年代より指名打者として定着。

2003年以降、怪我により出場機会が減少。

2005年、怪我により出場機会が少ないものの、持ち前の打撃を見せワールドシリーズ制覇に貢献。


2006年、オークランド・アスレチックスに移籍。

2007年、トロント・ブルージェイズに移籍。同年、通算500本塁打を達成。