スマートフォン用の表示で見る

フランク語

読書

フランク語

ふらんくご
  1. 古代フランク人が用いた古フランク語。
  2. 低地フランク語 のうち、第二次子音推移を受けなかった古低フランク語を祖とする言語群。言語学的には低地ドイツ語に属する。
  3. フランケン語(フランケン方言): 「フランク人の地」という意味のフランケンに由来し、高地ドイツ語のうちの中部ドイツ語に属する「モーゼルフランク語(モーゼルフランケン語)」(ルクセンブルク語もこれに含まれる)「ラインフランク語(ラインフランケン語)」(フランスアルザス北部とロレーヌ地方でも同系統の方言が用いられるが、アレマン語に属するアルザス語とは異なる。)、上部ドイツ語に属し、フランケン地方で用いられる東フランケン語、南フランケン語など。

なお、「〜フランク語」「〜フランケン語」「〜フランコニア語(英語式)」のように、日本語でカナ表記される際に表記の揺らぎがあるが、語源的には全てフランク人(ドイツ語オランダ語フランケン(Franken))に由来し、ドイツ語では全て"Fränkisch"、オランダ語では全て"Frankisch"、英語では1.を"Old Frankish"としているが、2.3は"Franconian"となる。