フランシス・ドレーク

一般

フランシス・ドレーク

ふらんしすどれーく

Sir Francis Drake(1543年〜1596年)

イギリスイングランド)の航海者・私掠船長・海軍指揮官。

1577年〜1580年にかけて、イギリス人初の世界周航に成功。ついでに太平洋スペインの宝船を襲撃して莫大な略奪品を得て帰還。女王をはじめとする出資者に1000%を超える莫大な配当金を支払い、自らも大富豪となる。

1581年4月4日には女王自らの訪問を受け、その場でナイトに任じられている。

また、スペインカディス港を焼き討ちするなど、アルマダ海戦時にも活躍している。

1596年に西インドのスペイン植民地を攻撃するための遠征中に病死。