スマートフォン用の表示で見る

フランシス・フォード・コッポラ

映画

フランシス・フォード・コッポラ

ふらんしすふぉーどこっぽら

Francis Ford Coppola

監督、脚本家プロデューサー

フランシス・F・コッポラ Francis F. Coppola

フランシス・コッポラ Francis Coppola

略歴

8歳で8ミリ映画を撮り始め、UCLAの映画コース在学中にソフト・ポルノ「グラマー西部を荒らす?」を発表。ロジャー・コーマンのプロダクションに入り、62年に「ディメンシャ13?」を監督。「パットン大戦車軍団」の脚本で注目され、72年の「ゴッドファーザー」の世界的ヒットによりメジャー監督の仲間入りを果たした。79年の「地獄の黙示録」がカンヌ映画祭グランプリを獲得。しかし、82年の「ワン・フロム・ザ・ハート?」が興行的に失敗、経済的に苦しい立場に追い込まれる。92年の「ドラキュラ」を監督してからは、製作者としての活躍が中心。父はNBC管弦楽団の第一フルート奏者だった音楽のカーマイン。妻は「ハート・オブ・ダークネス/コッポラの黙示録」のエレノア。妹はタリア・シャイア。息子のロマンと娘のソフィア、そして甥のニコラス・ケイジとクリストファーと皆、映画界に進出した。(allcinema ONLINEより)

フィルモグラフィー

アカデミー賞

関連人物