フランシスコ・フィリオ

フランシスコ・フィリオ

(スポーツ)
ふらんしすこふぃりお

空手家。K-1ファイター。

極真ブラジルの怪物と呼ばれ、第5回世界大会でアンディ・フグを下したのを機に、一躍注目を浴びる。
百人組手を無傷で完遂したのは、後にも先にもフィリオだけであろう。
97年、世界ウェイト制大会で優勝。
その後、K-1に参戦し、当時のK-1王者アンディ・フグと対戦。たった一発のパンチで1RKO勝利を収め、当時のK-1に極真一撃旋風を巻き起こした。
99年には、第7回極真世界大会で数見肇を下して念願の優勝。外国人として初の世界王者の座についた。
しかし、続けて参戦したK-1では、ジェロム・レ・バンナのパンチで失神KO負けを喫し、それ以降はファイトスタイルがディフェンシブになり、かつての一撃は鳴りを潜めている。


* リスト::格闘家

新着ブログ: フランシスコ・フィリオ