フランシスコ1世

社会

フランシスコ1世

ふらんしすこいっせい

第266代ローマ教皇イタリア語読みでは「フランチェスコ」。

アルゼンチン出身のホルヘ・マリオ・ベルゴリオ枢機卿コンクラーベを経て、2013年3月13日*1に選出された*2

人工中絶同性愛などには反対の立場を示しているものの、最も保守的とされる南米カトリック教会を穏健的な思想へと導いていると評価されている。

名前の由来

フランシスコという名前は、平和や摂理の象徴とされた12世紀の聖フランシスコに由来。

裕福な家に生まれた聖フランシスコは、富を捨て「フランシスコ会」を創設したことで知られ、神から教会の再建を託されたとも伝えられている。

略歴

Twitterアカウント

教皇が確定した際、自身のTwitterアカウントで 「HABEMUS PAPAM FRANCISCUM.」とラテン語でつぶやいた。

意味は「We have Pope Francis.」(フランシスコが教皇だ。)

その後、

と英語でつぶやいた。

*1:日本時間では14日未明

*2南米からの法王選出は初