フランス復古王政

読書

フランス復古王政

ふらんすふっこおうせい

(仏:Restauration)フランスにおける復古王政

皇帝ナポレオン1世の失脚によってフランスにおける王政復古を果たしたブルボン家およびオルレアン家による王政。フランス革命によって途絶えていた王政は、1814年にルイ18世即位し復活した。ルイ18世選挙権の制限やカトリック教会の復権などを実施した。後を継いだシャルル10世の治世であった1830年七月革命が起った。代わってオルレアン家ルイ・フィリップ七月王政においてブルジョワ寄りの政治を行うが、これも1848年二月革命で倒れ、フランスにおける王政の時代は終焉した。