フランソワ・ポンポン

アート

フランソワ・ポンポン

ふわんそわぽんぽん

Francois POMPON(1855-1933)

ブルゴーニュ地方の町Saulieuソーリュー出身の動物彫刻家。

近代彫刻のスターであったロダン(1840-1917)の強すぎる影響からどう次世代を切り開いていくのかと混迷していた時期に、ロダンアトリエに住みついた彫刻家集団の中の1人がポンポン。動物彫刻家であり風景画家でもあったバルイェ(1795-1875)の作る動物彫刻の真似から抜け出すことの難しかった同系列の作家の中で、彼はエジプト美術の研究を経て抜け出すことに成功する。

彼の作品の魅力は何といっても豪快なマッス。特にパリ、オルセー美術館所蔵の白熊像の、重たそうな体を支える、のしのしと力強くそれでいて可愛い足。シンプルなラインと、それでいて動物の肉体の重みを感じさせる、“簡単な造形なのに、それが寧ろ逆にリアルを感じさせる”と言う意味でまさしくモダニスム彫刻と呼べるものを作りだした。

出身地であるソーリューにポンポンの名を冠した美術館があり(ただし所蔵量は少ない)、ディジョン美術館にはポンポンの彫刻だけを集めた一室がある。日本では群馬県立館林美術館がそのコレクションで有名。