スマートフォン用の表示で見る

フランチェスコ・ロージ

映画

フランチェスコ・ロージ

ふらんちぇすころーじ

Francesco Rosi

イタリア映画監督

1922年11月15日、生まれ。2015年1月10日、死去。

1962年、「シシリーの黒い霧」でベルリン国際映画祭銀熊賞監督賞)を受賞。

1963年、「都会を動かす手」でベネチア国際映画祭金獅子賞を受賞。

1972年、「黒い砂漠」でカンヌ国際映画祭の最高賞「パルムドール」を受賞。

社会派の問題作を数々発表した後、1979年の「エボリ」より文芸作品に中心に取り組むようになった。

舞台は長らく手掛けていなかったが、近年は舞台演出などもこなしていた。