スマートフォン用の表示で見る

フリーメイスン

一般

フリーメイスン

ふりいめいすん
フリーメイスン
フリーメイソンフリーメーソンともいう、世界的な組織らしい。
はてなキーワード「秘密結社」によれば、秘密結社の一つらしい。

米国では、高等教育を受けた白人男性は5〜6人に1人の割合でフリーメイスンに参入する。「秘密結社」と聞くと怪しく思えるが、単なるプライベートな交際の手段を用意する装置であり、日本における「茶道」や「料亭」だと思って差し支えない。日本でも、高名な有名人がメイスンとして所属していたことが知られる。たとえば、政治家鳩山一郎メイスンであった。

なお、厳密にはフリーメイスンとは参加者個人のことを指す。団体としてのそれを指す呼称は「フリーメイスンリー」である。

十九世紀には反教権主義の最右翼として、啓蒙主義の政治運動に団員が広範囲にかかわった。自由主義者ジャコバン主義者の多くがメーソンであった。しかし多くの場合、組織としてかかわっていたわけではない。(この部分が、いわゆる「フリーメイスン陰謀説」を唱えられる要因の一つとなっている)

フリーメイスンが集まる場所を「ロッジ」という。いわゆる「支部」のことだが、日本では東京タワーのそばにロッジがある。

メイスンになる要件

  • 自由意志による入会希望を持っていること
  • 男性であること
    • (これは中世においては石工すべて男性であったための名残であり、女性のために Eastern Star などがあります。)
  • 満20歳以上であること
  • 肉体的精神的に障害がないこと

--(これも中世においては石工になるために欠かせない条件であったためであり、決して体の不自由な人を差別するためのものではありません)

  • 何かしらの信仰を持っていること
  • メンバー2名の推薦があること