フリオ・ズレータ

スポーツ

フリオ・ズレータ

ふりおずれーた

Julio Zuleta

プロ野球選手。通称「パナマウンガー」。

右投右打、ポジションは一塁手指名打者背番号は42番。

1975年3月28日生まれ。パナマ共和国出身。197cm113kg。

ドン・ボスコ工科高からパナマ工科大を経て、

シカゴ・カブスボストン・レッドソックス3Aと渡り歩く。

2003年6月、福岡ダイエーホークスに入団。即外野手としてスタメン出場し、守備の際に転倒するなどインパクトを与えた。

しかし、パワフルな打撃力で松中信彦城島健司MJZ砲を形成。ダイハード打線の7番打者としてペドロ・バルデスと共に活躍。

試合中に学んだ事を、ベンチに帰った際にメモを取るなど、野球に対しての姿勢が大きく評価される。


また、好青年である反面、短気な側面を持ち、乱闘の多さで知られている。

2004年度はダン・セラフィニとの激しい格闘をはじめ、シーズン3度の退場処分を受ける。

2006年4月16日、乱闘で通算6度目の退場処分を受け、10試合の出場停止と30万円の罰金を科された。

ヒーローインタビューでの博多弁は、今やお馴染み。

最近では「パナマウンガー*1と言う雄叫びと共に自己流のサムライ魂も発揮している。


2007年、千葉ロッテマリーンズに移籍。

同年3月24日、北海道日本ハムファイターズとの開幕戦において、ダルビッシュ有から満塁本塁打を放った。

同年9月22日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦において、プロ野球史上61人目(延べ65人目)、パ・リーグ史上31人目(延べ32人目)となるサイクルヒットを達成。*2


パナマ共和国親善大使。

*1:母国のパナマ運河に由来。

*2:全安打に打点が記録のケースは1989年の秋山幸二に続き通算2度目。二塁打三塁打本塁打→単打の順。