スマートフォン用の表示で見る

フルスタック

全部入り。全部乗せ。

フルスタックフレームワーク

オールインワンとの違い

  • 例)オールインワンラーメン
    • 注文すると、トッピングがすべて盛りつけられた状態のラーメンが提供される。
    • 顧客は、自分の好みを伝えることはできるが、実際に提供される状態については店主の気分次第である。
    • 好みの合わない具材が入っていた場合、丼の中でよけるか、気にくわない顔をしつつ食べる必要がある。
  • 例)フルスタック・ラーメン
    • 注文すると、トッピングなしラーメンとトッピング用具材が並んだトレイが提供される。
    • 顧客は、そこのトレイからすべての具材を盛っても良いし、好きな具材だけを選んで大盛りにしても良い。
    • ただし、「フル」といいつつその中身は店主が独自の判断で定めている。角煮ラーメン単品がメニューにあったとしても、フルスタック・ラーメンに角煮のトッピングが用意されているかは定かではない。
    • あるいは、チャーシュー麺単品よりもグレードの落ちるチャーシューが提供されているかもしれないし、そもそもの麺とスープがインスタントでがっかりするかもしれない。
    • 料金とのコストバランスを考え、過度な期待をするのは禁物である。