スマートフォン用の表示で見る

フレッチャー級

一般

フレッチャー級

ふれっちゃーきゅう

Fletcher Class,Destroyer USN

第二次大戦の勃発により軍縮条約の枷から解き放たれた米海軍が、旧式化著しい平甲板型を置き換える目的で計画・量産した大型の艦隊型駆逐艦

名称は第一次世界大戦にて多くの功績を収めたアメリカ海軍フランク・F・フレッチャー提督に因む。

2年間に175隻が建造された。

1941年度計画で初めて登場したフレッチャー級軍縮条約の項から完全に解放された最初の形式であり、排水量の制限の中で、砲装と雷装のどちらに重きを置くかで常にトップヘビーに悩まされ続けたそれまでの艦型と無縁になった*1第二次大戦中期以降、米駆逐艦の主力として活躍した。

戦後、(西側)中小国にFMSなどで供与された。我が海上自衛隊にも1959年3月10日、2隻*2が貸与され、DD-183ありあけ・DD-184ゆうぐれとして1974年3月9日に返還されるまで護衛艦として使用された。

フレッチャー DD-445 Fletcher 要目(新造時)

  • 計画基準排水量:2,110トン
  • 全長:114.83メートル
  • 水線長:112.55メートル
  • 深さ:6.91メートル
  • 吃水:4.19メートル
  • 主機:ジェネラル・エレクトリック・衝動式オール・ギヤード蒸気タービン2基
  • 軸数:2軸
  • 主罐:パブコック・ウィルコックス2胴水管式重油専焼罐4基
  • 計画出力:60,000馬力
  • 計画速力:37.8ノット
  • 公試速力:35.1ノット
  • 計画燃料搭載量:491トン
  • 計画航続距離:6,500浬/15ノット
  • 公試航続距離:4,800浬/15ノット・4,150浬/20ノット
  • 兵装
    • 5インチ38口径単装両用砲:5基
    • 28ミリ4連装機銃:1基
    • 20ミリ単装機銃:6基
    • 533ミリ5連装魚雷発射管:2基(搭載魚雷10本)
    • 爆雷投射機(K砲):6基
    • 爆雷投下軌条:2条
  • 乗員
  • 同型艦隻数:175隻*3

*1:とは言え、度重なる対空兵装強化などにより、トップヘビー気味であったとの見方もある

*2:ヘイウッド L.エドワーズ Heywood L.Edwardsとリチャード P.リアリー Richard P.Leary

*3:現在までに量産された一形式の艦としては最大数。