スマートフォン用の表示で見る

フローティング広告

ウェブ

フローティング広告

ふろーてぃんぐこうこく

ウェブページのコンテンツの上を、時間限定(数秒〜15秒が多い)で広告画像が浮遊して飛び回ってから、所定の位置に落ち着くというリッチメディア広告の表現手法の一つ。ページ上に浮かんで動き回るように見えることから、「フローティング広告」と呼ばれている。

広告をコンテンツに重ねて掲載することからオーバーレイ広告?と呼ばれることもある。