ブート・ジョロキア

ブート・ジョロキア

ぶーとじょろきあ

[英] Bhut Jolokia

ブート・ジョロキアは、トウガラシ属の一品種。

バングラデシュ原産で、現在でも北インドからバングラディシュで作られている。

熟した実は長さ60mmから85mm、幅25から30mmで色はオレンジまたは赤。ハバネロに似るが表面はザラザラしており凹凸がある。

2000年、インド防衛研究所スコヴィル値を855,000と報告。

2004年、インドの会社がスコヴィル値を1,041,427と報告。

2005年、ニューメキシコ州立大学トウガラシ研究所のポール・ボスランド名誉教授がニューメキシコ州南部ラスクルーセス近郊で種から育てたものからスコヴィル値を1,001,304と報告。

2007年2月、世界一辛い唐辛子としてギネス世界記録に認定された*1

なお、生育環境がブート・ジョロキアスコヴィル値に与える影響は大きく、同程度の気温でも、乾燥地域では、カプサイシン含有量が半分以下となっていたという報告もある。

利用法

産地では香辛料として用いる他、生食することもある。

*1:現在最も辛いとされるトウガラシキャロライナ・リーパー