ヴードゥー からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

一般

ブードゥー

ぶーどぅー

Voodooカリブ海の島国ハイチアメリカ南部ニューオーリンズなどで信仰されている民俗信仰。「ブードゥー」という呼び方は英語で、ハイチや西アフリカではヴォドゥン(Vodun)と呼ばれている。ヴードゥー ブードゥー教

 西アフリカから連れてこられた黒人が、迫害とその他で、「カトリックという隠れ蓑を着た元の信仰」をするにあたり、かつて集落単為だけで拝まれていた神々の体系化をすることになり、もともと拝んでいた「ロア(神様でいいです)」をキリスト教守護聖人パラフレーズして拝んでいる。ロアそのものは「やおよろず」いらっしゃるので聖人全部足しても全然足りない。

 この信仰での霊魂観で、「内臓のようにいっぱいある霊魂の一部を取った」奴がいわゆるゾンビである。儀礼というか「法律とかを破った罰」として人為的に行われる場合があるが、先天的に(精神的疾患のある人がそう言われる)魂魄の一部を失った人がいる。