ブダ城

地理

ブダ城

ぶだじょう

(Budavári Palota)

ハンガリー首都ブダペシュトにある城。

1241年、モンゴル軍の攻撃で木造城壁だったブダ城が破壊されるとベーラ4世が石造で再建した。14世紀にラヨシュ1世によってゴシック様式の王宮に改造されたが、17世紀にオスマン帝国軍の攻撃で破壊された。18世紀にかけてハプスブルク家の支配下で再建され、バロック様式への改造が行われた。19世紀半ばに発生した火災とその後の第一次世界大戦第二次世界大戦で大規模な被害を受けたが、19世紀半ばに再び修復された。1987年、「ブダペストドナウ河岸とブダ城」として世界遺産に登録。2002年には「ブダペストドナウ河岸とブダ城地区およびアンドラーシ通り」として拡大されている。