ブックファンド

読書

ブックファンド

ぶっくふぁんど

出版にかかる費用の出資を募り、その本が売れた場合に配当金を出して投資回収を促すファンドのこと。英治出版などが実践している。

目標額に達するまで出版決定しないという手法をとることができて自由度があり、また、著者が出資を行うことで印税に加えて配当金を上乗せして得ることを狙うなどのやりかたもできるため、新たな出版手法として注目されている。

ファンドであるため当然ながら元本保証はない。投資しようとする者にとっては、どれだけ売れそうな本(のネタ)であるか、出版社がつける定価・発行部数などのファンド組成は妥当か、というチェックは重要で、専門性が必要となる。