スマートフォン用の表示で見る

ブラウン運動

サイエンス

ブラウン運動

ぶらうんうんどう

媒質中の微細な物体が、周囲の媒質の分子の熱運動?による衝突を受けることによって起こす不規則な運動。

ブラウン(Robert Brown, 1773-1858)が花粉の破裂した微粒子(花粉そのものではない)を顕微鏡で観察しているときに発見し、長らく運動の理由は不明とされていたが、1905年にアインシュタインによって原因が解明された。