スマートフォン用の表示で見る

ブラニフ

地理

ブラニフ

ぶらにふ

リスト::航空

BRANIFF AIRLINE

アートで彩られた伝説の航空会社。



1928年アメリカオクラホマ・シティに「ブラニフ・エアウェイズ」として誕生。

1948年本格的に国際線を拡大。名称も「ブラニフインターナショナル」に変更。

その後、順調に路線拡大も進み1964年までは、ごく普通の航空会社として成長していた。


1965年、ハーディング・ローレンスを社長に迎えた年、ブラニフは生まれ変わった。

広告主任に就任したメアリー・ウェルズが「フライング・カラーズ」キャンペーンを打ち出し、アレキサンダージラルドエミリオ・プッチアレキサンダー・カルダーといった当時飛ぶ鳥を落とす勢いのアーティストたちとのコラボによりブラニフは話題のエアラインへと変貌を遂げたのだ。

まさにブラニフ航空全盛期であり、「ジェット族」が誕生したのもこの頃だった。


しかし1978年に実施された航空規制緩和法により、多くの航空会社が世界的な競争に敗れ消えていき、ブラニフ航空も例外ではなく1982年には就航を停止せざるを得なかった。

その後、2度に渡り再生を目指すも残念ながら復活には至らず、伝説のエアラインとして名を残すのみとなった。