スマートフォン用の表示で見る

ブリュージュ歴史地区

地理

ブリュージュ歴史地区

ぶりゅーじゅれきしちく

(英名:Historic Centre of Brugge、仏名:Le centre historique de Bruges)

2000年に登録されたベルギー王国の世界遺産。「ブリュージュブルージュ)」は中世海上交易による商業都市として繁栄した、西フランドル州州都オランダ語で「ブルッヘ(橋)」というように、50以上の橋が運河にかかり、赤レンガの家屋が並ぶことから、「北の小ベニス」とも呼ばれる。中世には、カリヨン(組み鐘)がある鐘楼や教会などの建築物が建造された。また、ヤン・ファン・エイクハンス・メムリンクなどのフランドル派の画家も輩出した。対象区域内にはほかの2つの世界遺産、「フランドル地方のベギン会修道院」と「ベルギーとフランスの鐘楼群」に登録されている物件も含んでいる。