ブリュッセルのグラン・プラス

地理

ブリュッセルのグラン・プラス

ぶりゅっせるのぐらんぷらす

(英名:La Grand-Place, Brussels、仏名:La Grand-Place de Bruxelles)

1998年に登録されたベルギーの世界遺産文化遺産)。ベルギー王国ブリュッセルの中心地にある大広場グラン・プラス)。1695年、フランス国王ルイ14世によって砲撃されてグラン・プラスは焼失したが、高さ96mの塔にブリュッセル守護聖人大天使ミカエル像がある市庁舎と「王の家」だけが残った。その後、すぐさま広場の再建が始まった。その名は、16〜18世紀のスペイン支配下でスペイン政庁として利用されたことの名残である。グラン・プラスには、市庁舎をはじめ、現在は市立博物館になっている「王の家」や、17世紀にギルド(同業者組合)ハウスとして建てられた「ブラバント公の館」などの建築物が建ち並んでいる。ヴィクトル・ユゴーが「世界一美しい広場」と賛嘆したことでも知られる。