ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン

ゲーム

ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン

ぶるーあいずほわいとどらごん

解説

 漫画遊戯王及び、遊戯王オフィシャルカードゲーム及び、アニメ遊戯王に登場する最強カード。

 攻撃力3000守備力2500と、合体や特殊効果を用いていない場合において最も能力値が高く、このカードを基準に以降のカードのステータスがつけられている。

 漫画でもアニメでもレアカードとして扱われているが、オフィシャルカードゲームでは言うほどレアではなく、さらなるレアカードも多数存在している。

 ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴンを3体融合させる事でブルーアイズ・アルティメットドラゴンとなり、融合モンスターとしても最強数値を記録する。

 漫画版及びアニメ版では主人公のライバル的キャラの海馬瀬人の愛用カードとして存在し、彼は金に物を言わせて四枚入手し、うち一枚を脅威になるからと言う理由で破り捨てた。他三枚を入手する際に所有者を自殺に追い込むほどだったと自慢している。

 だが、彼は以降事あるごとに俺のブルーアイズと呼び、金に物を言わせた入手経路を本人がすっかり忘れているような愛着ぶりを見せる。

 なお、設定でも本人も最強と連呼しているが、結局は破壊される事になる。