スマートフォン用の表示で見る

音楽

ブルーグラス

ぶるーぐらす

アメリカで生まれた音楽の一形態。商業音楽。アコースティックギター・フラットマンドリンフィドル(=バイオリン)・5弦バンジョー・リゾネートギター(通称:ドブロギター)・ベース(ウッド/エレキ)で演奏され、ドラムを使用しない弦楽器だけのアンサンブルにより、強力なビートが作りだされる。この音楽の最大の魅力はその即興性で、歌の間に入る各楽器の間奏は何回やっても同じ演奏にはならない。

歌の内容は悲恋歌・囚人歌・宗教歌などがあり、宗教歌をのぞき悲しい内容が多いが、ほぼ間違いなく長調で演奏され、しかもわかりやすい3つ程度のコードしか用いない曲がほとんどである。高い張りつめた声で歌い悲しさを表現しているという意味で「ハイロンサム」という言葉がほめ言葉となることもある。

ハイロンサムの代表は「ブルーグラスの父」と称されるビルモンローである。

Off The Record, Vol. 1: Live Recordings, 1956-1969

Off The Record, Vol. 1: Live Recordings, 1956-1969

一般

ブルーグラス

ぶるーぐらす

英文表記:BLUE GRASS CO., LTD.

証券コード:7478

株式会社ブルーグラスは、かつてあった千葉市美浜区に本社をおく、イオングループ傘下で婦人服・雑貨の小売を主な事業とする会社。

2010年8月21日に「株式会社コックス」に吸収合併された。

リスト::かつて存在した企業

地理

ブルーグラス

ぶるーぐらす

ブルーグラス地方。アメリカ合衆国ケンタッキー州レキシントンを中心とする一帯をいう。地名の由来は牧草のブルーグラス(bluegrass:スズメノカタビラ属の牧草)がいっぱい生えているから。

動植物

ブルーグラス

ぶるーぐらす

国産グッピーの品種の1種。

全身から尾びれにかけて美しいブルーの色彩を持つ。国産グッピーの品種の中でもトップレベルの人気を誇る。