ブルーノア

アニメ

ブルーノア

ぶるーのあ

TVアニメ作品「宇宙空母ブルーノア」の略称、もしくはその主役メカの名。

空母ブルーノア

基準排水量17万トンの超巨大空母*1

飛行甲板を畳めば潜水することも可能*2艦載機150機を搭載するほか、船体から潜水艦シイラ」と大型ヘリ「バイソン」を分離可能。

それ以外にも大型の主砲や各種ミサイル、そして最終兵器ともいうべき反陽子砲などを装備し、単独でも強力な戦闘力を有する。艦内には大型工作機械を持つ工廠施設も含まれており、戦力としての自己完結性は極めて高い。

設計では宇宙飛行能力を有するが、出撃段階では反重力エンジンを搭載していなかった。後に原子物理学研究センター(大西洋)で行われた改装によって宇宙飛行能力を獲得、文字通りの宇宙空母となった。

*1:放映当時の1979年、世界最大の空母は改良前のニミッツ級だったが、それでも満載時排水量は9万トン程度なのでブルーノアのサイズは飛び抜けている

*2地球がすでに異星人制圧下にあるので、隠密性のない兵器では厳しいということなのだろう