スマートフォン用の表示で見る

ブルグント王国

地理

ブルグント王国

ぶるぐんとおうこく

ブルグント族(Burgund)が5〜6世紀にローヌ川流域を中心に建国した国家。443‐534年。ゲルマン人の一部族で、スカンジナビア半島を故地とするブルグント族は、300年以後マイン川両岸流域に定住していたが,406年ローマ帝国の領内に侵入することに成功した後、413年ローマの同盟者としてライン川西方地域に植民した。436年彼らは西方に勢力を伸ばそうと企てるが、フン族の援軍の力を借りたローマの将軍アエティウスのために壊滅的打撃を被った。