ブルマァク

一般

ブルマァク

ぶるまぁく

玩具メーカー。「怪獣ボウリング」で有名。


いしずき三郎ら、倒産したマルザン(旧・マルサン商店)の社員によって、1969年設立

マルザンが残した金型による、怪獣ソフトビニール人形の再生産品が大ヒット。「帰ってきたウルトラマン」などの怪獣ソフビを新規開発で数多く投入した。しかし、海賊版ソフビの大量流出による怪獣玩具市場の急激な冷え込みと、「ミラーマン」商品の販売不振によって経営は悪化。この事が、同社が辿った末路の遠因となったと言われる。

ポピーが発売した超合金のヒットを受けて、自社でも「ジンクロン?」という合金玩具を発売。1976年の「UFO戦士ダイアポロン」商品のセールスは好評だったという。

しかしダイアポロンのヒットは同社の負債を払拭するには至らず、翌1977年にあえなく倒産。この年にスポンサードしていた、「小さなスーパーマンガンバロン?」「合身戦隊メカンダーロボ」にも少なからず影響を与えたようだ。


1990年代のレトロソフビブームを受けて、ウルトラシリーズなどのブルマァクソフビ製品が、Bクラブの「復刻版ブルマァク」シリーズとして再版*1。現在は「ブランド名として」ブルマァクが復活を果たしている*2。Bクラブ以外にも、旧ブルマァク製品の再版が複数のガレージキットメーカーによって行なわれている*3

ブルマァクソフビ人形に関しては、発売済/未発売を問わず、その全容を把握するのは現状で困難とされている。下請け工場の品質が不安定なことに起因した、生産ロットによるカラーリングの不統一さ。カタログ等で掲載されたものの、発売が確認されていない商品の存在etc…。

いしずき氏らによる、散逸した金型の捜索は長い間続けられており、現在までに幻と化している金型が多数発掘されている。


また、バンダイ等から「ブルマァク魂」といった怪獣ソフビの縮小コピー商品も発売。小型ながら安価ブルマァクソフビ(のレプリカ)が入手できるという気軽さが、一部で話題となった。

*1:発売はバンダイ。2003年以降はポピーが販売を引き継いでいる。実は1990年代初頭にも、ブルマァク怪獣ソフビバンダイから少量だけ再発売されている。

*2:商標名「ブルマァク」は、いしずき氏が所有。

*3:1980年代には肌色成型のブルマァクソフビ人形が一部ホビーショップに流出したが、当時金型を所有していた会社が、各キャラクターの版権元や関係各位に無許可で生産・流通させた物…という説が有力。