スマートフォン用の表示で見る

ブレイエ

読書

ブレイエ

ぶれいえ

エミールブレイエ(Émile Bréhier)

フランス哲学史家。1876年北フランスに生まれ、パリ大学でヴィクトール・ブロシャールとレヴィ=ブリュールに師事、第一次大戦に従軍し左腕を失ったりもしつつ、1909年から大学で哲学哲学史を講じた(1919年以降はソルボンヌ)。1940年から「哲学雑誌」の主筆、1944年にはベルグソンの後任として「フランス学士院」の会員となる。1952年パリで死去。