スマートフォン用の表示で見る

ブレイヴフェンサー 武蔵伝

ゲーム

ブレイヴフェンサー 武蔵伝

ぶれいう゛ふぇんさーむさしでん

スクウェア(現スクウェア・エニックス)より1998年7月16日に発売されたプレイステーションアクションRPG

主人公ムサシや設定は、伝説の剣豪・宮本武蔵をモチーフにしている*1

FINAL FANTASY VIII」の体験版が収録されたディスクが付属していた。

発売当時、

「この夏、スクウェアが、でっかいシリーズ、はじめます。」

と銘打たれていたが、あまりウケが良くなかったのか、封印されたまま年月が過ぎたが、しかし、2005年になり、続編の「武蔵伝II ブレイドマスター」が発売された。

なお、メインキャラクターデザインは、I・II共に野村哲也が担当している。音楽は関戸剛

スクウェアPS作品にしては珍しく、イベントシーンはほぼフルボイスかつ有名声優をふんだんに起用した作品となっている。

ゲームアーカイブスで配信されている。

内容紹介

ファンタジックな世界を舞台に、二刀流の剣士ムサシの活躍を描くアクションRPG。ヤクイニック王国の姫フィーレによって異世界から召喚されたムサシは、王国の危機を救うために立ち上がる。

プレイヤーはムサシとなって、3Dフィールドを舞台に、さまざまなダンジョンの謎に挑んでいく。ムサシの剣には敵を斬りつける以外にも、敵の能力をコピーするゲット・イン・システムや、地震を起こして邪魔な岩を砕く能力、水面を歩く能力などの特殊な能力をもち、この能力が謎を解くカギとなる。ただし、謎がわかっていても、それを解くにはムサシのアクションによるもの多く、難易度も高め。

また、ゲームのポイントとなる部分では、ノンストップで展開するアクションの数々が盛り込まれていて、プレイヤーの腕が試される場面も。このほか、アップテンポなストーリー展開も見所。演出もドラマティックで、音楽も耳に心地よい。(池村慎一)

Amazon.co.jpレビュー

キャスト

関連商品

武蔵伝

武蔵伝

*1:なお、武蔵伝Iには武蔵のライバルである佐々木小次郎も登場。ただし本編では「コジロー」。