ブロッコリーニ

ブロッコリーニ

ぶろっこりーに

日本の大手種苗メーカーの「(株)サカタのタネ」が遺伝子操作などの手法を使わずに自然交配で開発した新野菜。

ブロッコリー生産地域拡大のため、寒冷地向きであるブロッコリーと、真夏に栽培できるほど暑さに強い中国野菜の芥藍(カイラン)を掛け合わせ出来上がったブロッコリーニは、ブロッコリー特有の苦味も無く、繊維質であった茎まるごと食べられるほどやわらかいのが特徴。また、ビタミン食物繊維も豊富で栄養価が高い。

調理法としてはボイル、フライ、ロースト、蒸し、グリルと幅広く楽しめる。

日本で開発された当初国内市場ではあまり受け入れられず、アメリカへ輸出したところ人気が出、その後日本に逆輸入され出回るようになったという経路をもつ。