スマートフォン用の表示で見る

プーシキン

読書

プーシキン

ぷーしきん

アレクサンドル・セルゲーヴィチ・プーシキン(1799-1837)

19世紀はじめのロシア文学〈金の時代〉を代表する詩人であると同時にその後のゴーゴリドストエフスキートルストイチェーホフといたるロシア文学隆盛の原点となった詩人

詩のほかにも、韻文長篇小説『エヴゲーニイ・オネーギン』や『スペードの女王』『大尉の娘』などの小説、『ボリス・ゴドゥノフ』などの戯曲が代表作として知られる。