プエルトリコ自治連邦区

地理

プエルトリコ自治連邦区

ぷえるとりこじちれんぽうく

[英] Commonwealth of Puerto Rico

プエルトリコ自治連邦区は、カリブ海北東に位置するアメリカ合衆国自治的・未編入領域であり、コモンウェルスという政治的地位にある。

主都はサン・フアン

面積は9,104km²、人口は約340万人*1

概要

プエルトリコ島ビエケス島クレブラ島ドミニカ共和国との間のモナ海峡にあるモナ島などから構成される。ヴァージン海峡を隔てて東にヴァージン諸島が、モナ海峡を隔てて西にドミニカ共和国が存在する。

名前は、スペイン語で「豊かな港」(Puerto Rico)を意味する。1493年にコロンブスプエルトリコ島を見つけた際に「なんて豊かな港なんだ!」と、感嘆したことに由来するという伝説がある。

もともとはスペイン領だったが、1898年米西戦争の結果、アメリカ領となった。 1917年アメリカ市民権が与えられ、1952年には自治領として合衆国と連合するコモンウェルスになった。住民の大部分はスペイン系とアフリカ系黒人の混血で、先住民であったインディオの要素も、山地住民などに残っている。

自然の美しさを武器として、全米屈指のリゾート地として発展を遂げたが、近年は競合するリゾート地に客足を奪われた。IT企業の誘致で経済活性化の柱として図ったが進まず、島に見切りをつけた島民の米本土への流出も相次いだ。失業率は全米平均の2倍の15%前後にも達している。

2017年5月3日、アメリカ連邦地裁に破産法適用申請した。債務は700億ドル。自治体としてはアメリカ最大の破産手続きとなる。

*12016年現在