スマートフォン用の表示で見る

プジョー

一般

プジョー

ぷじょー

[Automobile Peugeot]

フランス PSAプジョー・シトロエン傘下の自動車メーカー。

  • 世界最古の量産自動車メーカーでもある。
  • エンブレムはライオン。これは、プジョー発祥の地、フランスのフランシェ・コンテ地方の紋章として使われていたライオンをモチーフとしている。
  • 自転車も有名。特にツール・ド・フランスには第1回から参加。しかし、2004年で自転車の製造を終了。最後の主要なマーケットは日本だったそうだ。残念。
  • コーヒーミルペッパーミル・スクーター・モペット等も製造
  • かつて、日本国内においては、同じフランスでも、ルノーシトロエンの後塵すら拝する、「変わり者が選ぶメーカー」だった。しかし、スポーティで軽快な小型車205のヒットにより、ようやく日本でも認知され始める。そして、インポーターの努力の甲斐あって405、106、306、406、206と立て続けに売れた。ついに2003年にはドイツ御三家ボルボについで輸入車第5位のシェアを獲得するに至る。
  • プジョーの特徴は「猫足」と形容されるロードホールディングに優れる足回りとそれに裏打ちされたシュアな操縦性と乗り心地。であるが、近年のモデルは国際化の波に逆らえず、その傾向が若干薄まり、硬い乗り心地を示しているのは残念なところだ。
  • 近年、トヨタと親しい関係*1にあるが、徹底した品質管理に裏打ちされた信頼性の向上、ハイブリッドに代表されるエミッションコントロールなどいいところだけを学んで欲しいと思うが・・・・・

歴史

この年のパリ自動車ショーにブガッティ設計のPeugeot Baby第2号(Type BPI)を出品。6hpの同モデルは1916年までに3095台が生産された。1913年Indy500優勝を機に、有名な4気筒エンジンOffenhauserが誕生し、その後60年にわたりIndy500で活躍。Indy500優勝チームは平均時速106.598マイルというスピード記録も樹立。

この年、生産台数が初めて10万台に達し、サイクル・プジョー自転車生産台数も22万台を記録。しかしその後、自転車産業が危機に見舞われたことから生産台数が半減し、同社は1958年自動車部品メーカーに転身する。

この年、プジョーはグループ企業全てを統括する持株会社プジョーS.A.となり、一方グループ数社が合併して自動車の生産・販売を管理するオートモービルプジョー社が誕生する。

*1トヨタPSAプジョー・シトロエンとの合弁で2005年からヴィッツをベースにした小型車「アイゴ」をヨーロッパで生産している。