スマートフォン用の表示で見る

プッサン

アート

プッサン

ぷっさん

:芸術家

ニコラ・プッサン(1594年-1665年)

バロック美術を代表する芸術家の一人。

彼はイタリアの訪れ、ラファエロカルラッチ絵画に学んで、厳格な古典主義様式を確立し、古代史・神話聖書の主題を、考古学時代考証も交えて描き出した。

正確なデッサン、明快で秩序ある構図など理知的要素を重んじることによって、物語画(歴史画)の基礎を築いた。