プッタパルティ

一般

プッタパルティ

ぷったぱるてぃ

プッタパルティ (英: Puttaparthi - 北緯14度9.91分 東経 77度48.70分)は南インド、アーンドラ・プラデーシュ州アナンタプラム県に所在する街の名称。

インドの著名な霊的指導者、サティヤ・サイババ の居住地として知られる。最寄空港は、インドのIT都市、バンガロール郊外にあるベンガルール国際空港

街の見どころは、『プラシャーンティ・ニラヤム』という通称で親しまれるサティア・サイババの主要アシュラム。その設立に伴い、ショップ、レストラン、宿泊施設等が近隣に展開して経済効果が生まれ、プッタパルティは小村から規模的な街へと発展した。


プッタパルティ設立された施設として、慈善病院(総合病院)、アンジャネーヤ(ハヌマーン) スワミー寺院、イスラム教寺院、サティヤバーマ寺院、シュリ サティヤ サイ ヒル ビュー スタジアム、シュリ サティヤ サイプラネタリウム 、シュリ サティヤ サイ高等医療機関(特別専門病院)、チャイタニアジョーティ博物館、シュリ サティヤ サイ大学、シュリ サティヤ サイ ミルプリ音楽大学、等の施設がある。 また、2006年11月には、当時のインド大統領、A.P.J.アブドゥル・カラム氏により、屋内競技場の落成式が行われた。