プット・コール・レシオ

一般

プット・コール・レシオ

ぷっとこーるれしお

[英] Put/Call Ratio (略称PCR

プット・コール・レシオとは、オプション取引において、プット(売る権利)の建玉(未決済の取引残高)をコール(買う権利)の建玉で割って算出される数値。

オプション市場の強弱感を映す指標となっており、通常、本数値の上昇はプットの人気上昇(弱気派の優位)を示し、一方で本数値の下落はコールの人気上昇(強気派の優位)を示す。

なお、プット・コール・レシオは、カバードワラントにおいては、「プットの売買金額/コールの売買金額(5日移動平均)」で算出され、通常、本数値が上昇すると弱気な投資家が増えてきたとされ(下落局面)、一方で本数値が下落すると強気な投資家が増えてきた(上昇局面)とされる。