プラーテン

読書

プラーテン

ぷらーてん

アウグスト・フォン・プラーテン August Graf von Platen-Hallermunde (1796-1835) ドイツの擬古典主義の詩人劇作家バイエルン出身だが晩年をイタリアに定住した。ソネット、オードなど優れた定型詩を書く。またペルシアの詩形ガザル(ガゼール)を移入し、美しい詩を書いた。

代表作

詩集ヴェネチアソネット

「トリスタン」

 

美(うる)はしきもの見し人は

はや死の手にぞわたされつ、

世のいそしみにかなわねば。

されど死を見てふるうべし

美はしきものを見し人は。

 

愛の痛みは果てもなし

この世のおもひをかなへんと

望むはひとり痴者ぞかし、

美の矢にあたりしその人に

愛の痛みは果てもなし。

 

げに泉のごとも涸れはてん、

ひと息ごとに毒を吸ひ

ひと花ごとに死を嗅がむ、

美はしきもの見し人は

げに泉のごとも涸れはてん。

      翻訳:生田春月

(フィリップ・ジュリアンの名著『世紀末の夢・象徴派芸術』の巻頭に引用された)