スマートフォン用の表示で見る

プラムポックスウイルス

サイエンス

プラムポックスウイルス

ぷらむぽっくすういるす

[英] plum pox virus (略称PPV

プラムポックスウイルスとは、モモ、スモモなどのサクラ属の植物に広く感染する重要な植物ウイルスウメ輪紋ウイルスともいう。

1915年にブルガリアで発見されて以来、欧州アジア北米南米等でも確認されている。

日本では、2009年に東京都青梅市にある吉野梅郷のウメで初めて確認された。

感染経路

アブラムシにより媒介されるほか、穂木や苗を経由して感染する。生果実は感染経路にはならないとされている。

また、感染から発症まで3年間程度の潜伏期間がある。

症状

モモやスモモでは、葉に退緑斑点や輪紋が生じるほか、果実の表面に斑紋が現れ、商品価値が失われたり、成熟前の落果により減収するとの報告がある。また、ヒトや動物に感染しないため、罹病果実を食べても健康に影響はない。

ウメでは、葉に退緑斑点や輪紋が生じるほか、花弁にブレーキング症状(斑入り症状)が現れることもある。なお、これまでのところ果実への顕著な症状は見られていない。

対処

治療薬やワクチンはなく、感染、発症した場合には伐採し、感染の拡大を防ぐしかない。また、伐採後は潜伏期間を考慮して、一定期間感染が認められないことが確認できてからでないと、同じ場所には植樹しないことになっている。

根本的な予防法などもなく、感染源であるアブラムシの防除の徹底、無病健全な苗の使用といったものくらいしかない。

駆除基準

日本では、植物防疫官が感染を確認した植物及び感染のおそれがあると判断した植物は、発生場所に応じて基準を設け、所有者の了解を得た上で速やかに処分することになっている。

果樹生産園地
感染植物が園地内に存在する宿主植物の10%以上の場合には、園地内の宿主植物のすべてを処分する。10%未満の場合には園地内の宿主植物のうち、感染植物とその隣接する植物を処分する。
公園、民家の庭、街路樹など
園地内の感染植物を処分する。
苗生産園地、切り枝生産園地など
園地内の宿主植物のうち、植物防疫官が蔓延を防止するため必要と認める植物を処分する。

日本での影響

日本では、2014年4月現在までに、東京都埼玉県茨城県神奈川県大阪府和歌山県奈良県兵庫県滋賀県三重県の計10都府県で感染が確認されている*1

2009年に日本で初めて感染が確認された東京都青梅市吉野梅郷にある「青梅市梅の公園」では、2014年春までに約1,700本すべてを伐採した。

2012年に感染が見つかった兵庫県伊丹市では約24万本を処分した。盆栽梅の産地で感染木が移動する恐れが高いと判断されたためである。

日本での対策

農林水産省でも、植物防疫法?昭和25年法律第151号)に基づき「プラムポックスウイルスの緊急防除に関する省令?」(平成22年農林水産省令第4号)及び「プラムポックスウイルスの緊急防除に関する告示?」(平成22年農林水産省告示第188号)を公布し、2010年2月20日から緊急防除を開始した。

措置の内容

プラムポックスウイルスの封じ込め及び根絶を図るため、防除区域内において、次の防除を行う。

    1. 感染している、又は感染しているおそれがある植物については、抜根し、焼却等の適切な処理を行う。
    2. ウメやモモなどの規制対象植物の生植物(種子及び果実を除く。)は、防除区域からの持ち出しを禁止。

ただし、植物防疫官による検査の結果、感染していないと認められたものは除く。

規制対象植物(規制の対象となる植物)

サクラ節を除くサクラ属(ウメ、モモ、スモモ、アンズ、ネクタリン、オウトウ等)、セイヨウマユミ、ナガバクコ、ヨウシュイボタの生植物(苗、切り花、切り枝等)。ただし、種子及び生果実を除く。

防除区域(規制の対象となる地域)

プラムポックスウイルス感染が確認された地域及びその周辺地域を防除区域に指定。

東京都
    1. 昭島市の一部
    2. あきる野市全域
    3. 青梅市全域
    4. 八王子市の一部
    5. 羽村市の一部
    6. 福生市の一部
    7. 奥多摩町の一部
    8. 日の出町全域
大阪府
    1. 富田林市の一部
兵庫県
    1. 尼崎市の一部
    2. 伊丹市の一部
    3. 川西市の一部
    4. 宝塚市の一部

*1:このうち、神奈川県は3年間感染が確認されなかったため根絶

目次