スマートフォン用の表示で見る

プレブス

社会

プレブス

ぷれぶす

plebs(羅)

共和制ローマにおける平民身分のこと。

重装歩兵としてローマによるイタリア半島覇権確立に大きな貢献を果たす一方で、貴族(パトリキ)との2世紀に亘って、参政権などの不平等を正すための身分闘争を行う。

数次にわたる政治改革の末にパトリキとの身分上の差別は取り払われた。

その結果、プレブス富裕層パトリキの有力者とがノビレス(新貴族、貴顕貴族、閥族)と呼ばれる階層を形成し、また護民官*1経験者が元老院に入ることで支配層に加わるという図式が形成される。

*1:平民しか護民官に就任できない