スマートフォン用の表示で見る

プロテスタンティズム

読書

プロテスタンティズム

ぷろてすたんてぃずむ

ルター・ツウィングリ・カルバンなどによる一六世紀の宗教改革の中心的思想のこと。 ローマカトリック教会東方正教会とならぶキリスト教の三大勢力の一つ。


また、そこから成立した諸教会の信条の基礎となっている教え。

ローマ-カトリック教会の教理と伝承に反対し、聖書を重視し、信仰による義認・万人祭司説などを主張する。近代国家成立の気運と相まって全ヨーロッパ北米に浸透・定着して今日に至る。