スマートフォン用の表示で見る

プロテスタント

一般

プロテスタント

ぷろてすたんと

マルティン・ルターから始まる宗教改革運動を機縁に成立したキリスト教宗派の総称。

ルター本人はカトリック・アウグスチノ修道会修道士であり、当初、ルターの改革運動はあくまでローマカトリック教会の刷新運動であった。

ところが、彼をはじめとする宗教改革者たちの神学思想が、ローマ教皇を頭とする聖職位階制度の否定や、信仰義認論など、伝統的なカトリック教理と対立する考え方を含んでいたため、宗教改革者たちはローマカトリック教会から分離し、独自のキリスト教会を設立した。

ルター、メランヒトンカルヴァンツヴィンクリといった宗教者によって、思想的な基盤が確立されていった。

ルター派カルヴァン派英国国教会改革派メソジスト派バプテスト派・会衆派など多くの教派が含まれている。

日本では、ローマカトリックと対比して「新教」と呼ぶこともある。

マックス・ウェーバープロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』によると、資本主義プロテスタンティズム(主にカルヴァン派の)は関連性が強く、近代以降の社会システムを考える上でも重要な宗派である。