スマートフォン用の表示で見る

プロフェッサー・ギル

一般

プロフェッサー・ギル

ぷろふぇっさーぎる

 『人造人間キカイダー』の敵組織「ダーク」の首領。

超音波笛の音色によって「ダークロボット」を操る。

なおこの音色は変身前のキカイダー=ジローの不完全な良心回路にも働きかけるため、一時的にジローはギルに意識を支配されそうになり、苦悶することになる(変身すると耐性が付く)。

人造人間キカイダー」最終回でダークの壊滅と共に死亡するが、脳髄だけをハカイダーに移植され、続編「キカイダー01」ではギル・ハカイダーの姿で悪役を演じ続けた。

(元祖ハカイダーと違って右利きになっている)